音符と休符の種類


音符と休符は楽譜といったらコレ、音楽といったらコレ、という記号ですね。音符は音の高さと音を出す時間の長さを表す記号です。休符は音を出さない時間の長さを表す記号です。今回は音符・休符が表す時間について着目します。

音符と休符の種類

音符・休符はその形状によって示す音の長さが決められています。一般的には全音符・全休符を基準に、相対的に長さが決められます。次の表は全音符を1とした場合の各音符の長さで、倍々計算の関係になっています。左右に隣り合った音符と休符は同じ長さです。

yomi05_01

ちなみに、上の一覧表で倍全休符・全休符・二分音符は四角に線がくっついた形をしていますが、実際の五線中では次のように五線にくっついて書かれます。

yomi05_02

倍全音符の形

倍全音符には次のように3種類の形が見られますが、どれも同じ意味です。おそらく、歴史的に統一がなされなかったのでしょうね。

yomi05_08

全休符のもうひとつの役割

上記に挙げた中で全休符だけは1小節の休みを表すという役割もあります。小節については次回の記事で説明しています。

音符の部品

音符は符頭(玉)・符尾(棒)・符鉤(旗)の3つの部品から出来ています。ちなみにふとう・ふび・ふこうと読みます。

yomi05_03

しかし、演奏するぶんには音符の部品の名前なんて忘れても問題ありません。

音符の棒の向き

音符は楽譜内での高さなどによって棒の向きが変わります。棒は左側に付き、旗は右側に付きます。いずれにしても示す音の高さや長さには違いがありません。

yomi05_05

連桁

八分音符以下の音符は、旗の代わりに横棒で音符を連結することがあります。この横棒のことを連桁(れんこう)といいます。

yomi05_06

次のように組み合わさることもあります。

yomi05_07

以上、音符と休符の種類の説明でした!

にほんブログ村 音楽ブログ 楽譜・音符へ
↑ランキングクリックして頂けると励みになります!

コメント

  1. ⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾ より:

    もっと欲しいなネタが


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事のトラックバック用URL