音符の分割 – 連符


今回は連符について説明します。

イレギュラーな分割

音符の長さは倍々関係になっているので、2倍・4倍・8倍…や1/2倍・1/4倍・1/8倍…などの音価を表すことができます。しかし、時には3つや5つなどイレギュラーな分割もしたくなるのが人情(?)というものです。

しれっと用語を出しましたが音価というのは音符がもつ音の長さっていう意味です。

そんな分割に使われるのが連符です。

連符は次のように数字を使って分割を表します。3分割なら3連符、5分割なら5連符です。

連符

上記の譜例は四分音符と二部音符の8分割までですが、もちろん他の音符も分割できますし、もっと細かい分割もできます。

他の連符

なお、連桁で結ばれていない場合は範囲を明示するため、カギカッコや弧線が付きます。

連桁(れんこう)…ハタの代わりに八分音符以下の音符を結んでいるあの横棒。

連符に使われる音符の種類

連符に使われる音符の種類は音価が大きい方に合わせられています。四分音符の例を挙げると、3分割するには八分音符、5~7分割するには十六分音符…のようになります。

音符の種類は音価の大きいほうに合わせる

音符の種類は音価の大きいほうに合わせる

違う種類の音符が混ざることも

連符は違う種類の音符が混ざる場合もあります。

このような場合はどの音符が何分割されているのか考えましょう。下記の譜例は四分音符を3つに分割、6つに分割したものです。

混合した連符

数字の省略

同じリズムが続き連符であることが明らかな場合は、最初の小節や最初のひとつだけ数字を書き、あとは省略することがあります。

連続する場合

付点音符の連符

付点音符の2分割や4分割は付点音符を使って書くことができます。しかし、3拍子や6拍子などの曲で2分割や4分割のリズムを強調する場合などに2連符や4連符で書くことがあります。

次の譜例は音価的には同じ内容です。

付点音符の2,4分割

2分割の例外

ところで「音価の大きいほうに合わせる」という法則からすれば、八分音符3つを2連符にするときは四分音符で記譜されるはずです。しかし、このパターンは例外的によく八分音符で書かれます。

例外の書き方

空気を読む

楽譜を書く人も人間ですから、書き慣れない連符ではうっかり間違うこともあります。(というより、そこまで記譜法にこだわらない人もいる。)そう言う場合は空気を読みましょう。

原則とは違うが、言わんとしていることはわかる…よね。

原則とは違うが、言わんとしていることはわかる…よね。

以上、連符の読み方でした(^_^)/

にほんブログ村 音楽ブログ 楽譜・音符へ
↑ランキングクリックして頂けると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事のトラックバック用URL