休符の書き方


今回は手書きで休符を書く場合の書き方を説明します。

全休符と二分休符の書き方

ただの四角形なので特に問題ありませんね。

全休符と二分休符

基本的に上下の位置は第3間(下から3番目の間)に書きます。

上下の位置

ただし、ひとつの五線に2つ以上の声部を書く場合(たとえば合唱でソプラノとアルトを一段に書く場合など)は上下にずらすこともあります。

複数声部の場合

ちなみに全休符と二分休符、形が似ていて紛らわしい!という方は全休符と二分休符の覚え方をご覧ください。

四分休符の書き方

四分休符は独特な形のため迷う方が多いと思います。

次の図のように下の方から書くのが一般的ですが、きちんとわかる形が書ければ上からでも構いません。慣れるまで書き取り練習するとよいでしょう。

四分休符

基本的に位置は五線の真ん中あたりに書けばよいですが、ひとつの五線に2声部以上書くときは全休符や二分休符と同様に適宜ずらします。

四分休符の略記法

四分休符は次のような省略形で書く人もいます。きちんと四分休符であると判別できれば好きな書き方をしても構いませんが、ひとつの楽譜の中では書き方を統一するようにしましょう。

四分休符の略記

八分休符以降の書き方

八分音符以降は同じような形で“ふさ”が増えていきます。次のような方法が書きやすいと思います。

八分休符以降

浄書された楽譜ではふさが黒玉に塗られていますが、手書きではそこまでしなくてよいでしょう。

印刷譜の八分休符

八分休符と十六分休符はいちばん上のふさが第3間に来ます。三十二分休符は五線に収めるために位置が1段上がっています。六十四分休符は4つの線間にふさがくるように書きます…書く機会はほとんどないと思いますが。

もちろん、これらの休符もひとつの五線に2声部以上書かれるときは上下にずれることがあります。

以上、休符の書き方の説明でした!

にほんブログ村 音楽ブログ 楽譜・音符へ
↑ランキングクリックして頂けると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事のトラックバック用URL