ダブルシャープ・ダブルフラットの意味


ダブルシャープ・ダブルフラットというのは幹音から全音上げる・全音下げる記号です。…と楽典の本には書いてあります。

幹音というのは変化記号の付かないドレミファソラシド、ピアノで言うと白鍵で弾ける7つの音のことです。

そんなダブルシャープ・ダブルフラットですが「何のためにあるの?」という疑問をよく聞きます。たしかに、例えばファのダブルシャープはソのナチュラルと同じ音ですし、シのダブルフラットはラのナチュラルと同じ音です。

同じ音?

それぞれの音に3つの選択肢

基本的に、五線上の7つの音にはそれぞれ「半音下(フラット)」「そのまま(ナチュラル)」「半音上(シャープ)」の3つの選択肢があります。

ミのシャープとファのナチュラルは同じじゃないか!というツッコミは今はナシの方向で…。

3つの選択肢

調号との兼ね合い

それでは、次のように調号でシャープやフラットが付いている場合、3つの選択肢はどうなるでしょうか?

調号があるときは?

もちろん、調号が付いていてもそれぞれの音に「半音下げる」「そのまま」「半音上げる」の3つの選択肢があることには変わりがありません。しかし、すでにシャープが付いている音を「半音上げる」には…?フラットが付いている音を「半音下げる」には…?

そう!そこで出てくるのがダブルシャープ・ダブルフラットなのです。

ダブルシャープ・ダブルフラット

ほとんどの場合、ダブルシャープやダブルフラットは基準の音から半音上げる・半音下げるという意味で使われています。

また、すでに調号でシャープが付いている時ナチュラルは「基準の音から半音下げる」、フラットが付いている場合のナチュラルは「基準の音から半音上げる」働きをしています。

初心者には少し難しい感覚かもしれませんが、音楽的に「ファ♯の音が半音上がったもの」を「ソ」で書いてしてしまうと、「音楽の流れ」をきちんと伝えられないのです。

楽典で「幹音から全音移動する」と説明されているので混乱しがちですが、「基準の音から半音移動する」と考えればスッキリするのではないでしょうか。

また、ピアノなどの平均律では異名同音の音でも、合唱や弦楽器などで平均律でない音律で演奏する場合は異名同音ですがを区別して演奏します。(このあたりの演奏の実践については、高度な内容なのでここでの説明は割愛します。先生などに習って下さい)

以上、ダブルシャープ・ダブルフラットの意味の解説でした( ̄▽ ̄)ノ

にほんブログ村 音楽ブログ 楽譜・音符へ
↑ランキングクリックして頂けると励みになります!

コメント

  1. 谷岡 憲隆 より:

    調号との兼ね合いという説明はごもっともですが、これだけでは演奏方法の違いが見えません。本来F##とGは異名異音でありますが、アバウトな12平均律にて標記すれば異名同音になっているだけではないでしょうか?この点、純正調ではF#とGbは明確に異名異音です。これに各々シャープがつけば当然違う音高になる筈で、完全な和音を追求するバイオリン奏者はこの音程を使い分けている筈です。溝辺国光先生の「正しい音階」などではこのような記述がなされております。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事のトラックバック用URL